メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > がん検診について > 大腸がん

大腸がん

一次検診

免疫学的便潜血検査(スティック2日法)で行います。
便潜血検査とは、便の中に血液が正常より多く含まれているか(出血しているか)を調べる検査です。便中に血液が混入する原因としては、癌、ポリープ、痔などがあります。陽性の場合には二次検診として、全大腸内視鏡検査やS状結腸内視鏡と注腸X線検査の併用法による精密検査が必要となります。

○ 大腸がん検診を受ける方は、以下の注意事項を確認のうえお越しください。

==== 注意事項 ====

  • 痔出血のときや、生理中は便の採取を避けてください。
  • 胃の内視鏡検査で生検を受けた方は、1週間ほど期間をずらしてから採便してください。
  • 下剤を使っていての採便でも構いません。
  • 採便後の容器は冷所に保存しなるべく早く(遅くとも5日以内)提出してください。

※ 血便、腹痛、便が細くなる、便の回数が変化したなど症状のある方は医療機関にご相談してください。

◎ 検査の流れ
検査
2日分の便を調べますので、説明書に従って採便してください。
検査

検査結果は、約2~3週間後に通知いたします。

二次検診

一次検診で要精密検査となった方が対象となります。検査方法は大腸内視鏡検査にて行います。なお、状況に応じて注腸エックス線検査も行う場合があります。

==== 特に重要な注意事項 ====

  • 治療中の病気のある方(特に心臓病・腎臓病・消化器病など)は大腸精密検査について主治医にご相談ください。
  • 血液が固まりにくくなる薬を使用している方は、主治医に確認のうえ、可能ならば休薬してください。
    休薬に問題のある場合は、無理に休薬する必要はありません。もし、主治医に確認できなかった場合には、休薬せずにいらしてください。
  • 糖尿病で治療中の方は低血糖が心配されます。主治医にご相談のうえお越しください。
  • 精密検査を受けるためには、検査食が必要になりますので、精密検査を受ける日の3日前までにお受け取りください。なお、受け取り方法につきましては、当協会にお問い合わせください。
◎ 検査前
4~5日前から
海草類(わかめ・こんぶ)、種のある果物(スイカ・ブドウなど)は食べないでください。
検査前々日
夕食後、下剤(錠剤2錠)をコップ一杯以上の水でお飲みください。
検査前日
朝食:検査食(朝食用)をお召し上がりください。
10時頃:お茶・紅茶・湯・水・実のないジュースの中からお好みのものを、コップ2杯以上お飲みください。
昼食:検査食(昼食用)をお召し上がりください。
間食:10時頃と同様に水分をお摂りください。空腹時に検査食(間食)をお召し上がりください。
夕食:検査食(夕食用)をお召し上がりください。
19時頃:下剤を900mlの水で溶かしてお飲みください。(冷やして飲んでも構いません。)1時間位かけてゆっくりお飲みください。
水分は、できるだけたくさん飲まないと下剤も効きませんし、腸もきれいになりません。目安として一日一升びん一本位(下剤900mlも含めて)は飲みましょう。 万一、途中で気分が悪くなった場合(はきけ・腹痛など)は、服用を中断し、20時30分の下剤も飲まないでください(薬が全部飲めなかった場合でも、検査当日に浣腸などの追加処置をして検査が可能ですので、そのままお越しください)。また、はきけ・腹痛がひど く治まらない時は、病院を受診してください。
20時30分頃:下剤(錠剤4錠)をコップ1杯以上の水で飲んでください。
↓
◎ 検査当日
  • 砂糖水(湯)あるいは砂糖入り紅茶を飲んでお越しください。
  • 常用している薬(血圧、心臓など)は忘れずに飲んでください。
  • 糖尿病で血糖降下剤、インシュリンなどを使用している方は当日は止めてください。
  • 下剤後の排便状況(回数、色調、性状)を出来るだけチェックしてください。
  • 検査当日、常用している薬品名がわかるように、お薬手帳や薬の説明書など内容のわかるものをご持参ください
  • 持ちもの:保険証と通知書(老人医療受給者証をお持ちの方はあわせてご持参ください)、検査料金、検査後にお摂りいただくお食事。
    ※検査料金は検査内容や処置などによって異なりますが、3割負担で7千5百~2万円位ご準備ください。
↓
◎ 検査の流れ
受付
センター1階の「総合受付」にお越しください。受付時間帯は午前8:30~午前10:00です。
問診
排便状況の確認(状況によっては追加で浣腸や下剤の処置が必要になります。)、検査の説明、検査承諾書の記入
着替え
検診センターにて検査用のガウンと紙パンツを用意しております。
検査
大腸内視鏡検査
①腸の動きを抑える薬を注射します。この注射は年齢や持病の有無によって行わない場合もあります。
②検査台に上がり、左側を下にして横になります。
③検査開始です。検査時間は15~20分間ぐらいですが、所見によっては検査中に生検(組織検査)をしたり、薬剤を散布したりして多少長くなる場合があります。
④検査終了後、必要に応じて止血剤の注射などを行います。
内視鏡が奥まで挿入できない場合や、内視鏡で所見を認めた場合には、追加で注腸エックス線検査を行う場合があります。これは、肛門からバリウムと空気を入れて大腸のエックス線写真を撮る検査で、時間は20~30分間ぐらいです。
検査

検査の後、結果について簡単な説明があります。
最終診断による検査結果は、約4週間後に通知いたします。

↓
◎ 検査後の注意
  • 検査後、生検を受けられた方は、出血予防のため、検査当日と翌日はアルコールは摂らないでください。また、重労働や激しい運動は控えて、入浴も軽めにして早めにお休みください。
  • お仕事の都合などで、前日の検査食摂取や下剤服用が難しい場合には、当日朝に下剤を服用するなどの別の方法もありますので、お気軽にお問い合わせください。

なお、ご不明な点や判断がつかない場合は、こちらまでご連絡ください。

公益財団法人宮城県対がん協会がん検診センター
看護課 TEL:022-263-1527 (平日 午後2時から午後5時まで)

▲ TOPへ戻る