メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > おもな事業 > がん研究基金

がん研究基金

当協会の創始者である故黒川利雄先生のご遺志を敬称し、がんの早期発見および診断・治療に関する調査・研究・技術開発事業等に係る国内の若手医師等を対象に平成2年度より研究助成事業を行っています。平成29年度までに、116人に対し7,570万円の研究助成を行ってきました。

平成30年度「黒川利雄がん研究基金」による研究助成金の応募について

※応募は締め切りました。


応募希望者は応募要領を必ずご確認の上、下記事務局宛にハガキまたはFAXで申し込むか、申請書類をダウンロードの上、申請については郵送にてお申し込みください。

  1. 申請書及び推薦書(Excel)
  2. 申請書(PDF)
  3. 推薦書(PDF)
公益財団法人 宮城県対がん協会 「黒川利雄がん研究基金」事務局

〒980-0011 仙台市青葉区上杉5丁目7番30号 
TEL:022-263-1637 FAX:022-263-1548
http://www.miyagi-taigan.or.jp


第29回黒川利雄がん研究基金 研究助成金贈呈式

平成30年度の「黒川利雄がん研究基金」研究助成金贈呈式が、6月に市内のホテルを会場に行われました。
運営委員会において申請者の研究内容を慎重に審議した結果、平成30年度の研究者3名に決定いたしました。

助成金の贈呈式は、当協会の久道茂から挨拶と、「基金」運営委員会における選考までの経過報告があり、がん検診センター所長から研究者の紹介が行われました。
続いて、当協会会長より研究者一人ひとりに研究助成証書と助成金が贈呈され、さらに当協会創立者である黒川先生が座右の銘としていた「山上に山あり 山また山」を刻んだ石版が贈られ、最後に研究者代表から謝辞が述べられました。


研究者決定

研究助成対象及び研究者 ※申請順 敬称略

扁平上皮癌における、新規治療標的CD271の同定と治療応用

氏 名

望月 麻衣(31歳)

所 属

宮城県立がんセンター がん幹細胞研究部

助成金

¥800,000

乳癌におけるアミノ酸代謝リプログラミングを標的とした新規診断システムの構築

氏 名

原田 成美(43歳)

所 属

東北大学大学院医学系研究科 乳腺・内分泌外科学分野

助成金

¥700,000

食道腺癌の粘膜下浸潤に対する間葉系細胞による防御機構の解明と治療法の開発

氏 名

淺沼 清孝(44歳)

所 属

東北大学大学院医学系研究科 消化器病態学分野

助成金

¥700,000

※年齢、所属は平成30年3月現在(申請時)

▲ TOPへ戻る