メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > おもな事業 > 普及啓発事業

普及啓発事業

がんに関する正しい知識の普及啓発により、がんの一次予防の励行とがん検診に対する意識の高揚を目的として実施し、各種団体、市町村、公共施設への機関紙およびパンフレットの配布、 がん予防パネルなどの展示を中心に行っています。また、講演会、研修会などの機会を通じての普及活動も推進しています。


主な普及啓発事業

健康教育などによる普及啓発活動

今年度より新しい試みとして県内の小中学校へ出向き、「がん」に対する理解を深めるがん予防教育出前授業を実施しました。
また女子大学等における若年期女性に対する講演会も宮城県産婦人科医会の協力いただき並行して実施いたします。


    回 数 参集者 適 要
健康教育 36回 2,349人 がん教育事業を含む
健康まつり 10回 1,785人   
健康相談 227件     
教材の貸出 9回     

  • きぼう12号
  • きぼう12号
がん患者会・サロン ネットワークみやぎ 第2回交流会

日 程:
平成29年2月10日
会 場:
宮城県対がん協会 1F 多目的ホール
参加者:
約30人
テーマ:
「ピアサポート活動は必要か」

登米市健康フェスティバル

日 程:
平成29年5月26日
会 場:
登米祝祭劇場

機関紙並びに印刷物等の配布
機関紙ともしび
「ともしび」145号
(平成29年7月発行)
「ともしび」144号
(平成29年1月発行)
「ともしび」143号
(平成28年7月発行)
「ともしび」142号
(平成28年1月発行)
「ともしび」141号
(平成27年7月発行)
「ともしび」140号
(平成27年1月発行)
「ともしび」139号
(平成26年7月発行)
「ともしび」138号
(平成26年1月発行)
「ともしび」137号
(平成25年7月発行)
「ともしび」136号
(平成25年1月発行)
「ともしび」135号
(平成24年7月発行)
「ともしび」134号
(平成24年1月発行)
「ともしび」133号
(平成23年7月発行)

機 関 紙
「ともしび」(年2回):
32,000部
日本対がん協会報(年13回):
8,450部

リーフレット
胃がん:
3,000部
子宮がん:
3,000部
乳がん:
3,000部
乳がんの自己検診:
1,000部
肺がん:
3,000部
大腸がん:
3,000部
前立腺がん:
2,000部
受診勧奨用:
92,000部
がん総合相談:
3,000部
がん検診受診券:
3,000部
がん検診:
2,000部

パンフレット
がん相談のすすめ:
1,000部
がんについて学ぼう:
500部
もっと知りたい乳がん:
500部
もっと知りたい大腸がん:
500部
もっと知りたい肺がん:
500部

ポスター
がん征圧月間:
230部
がん予防(禁煙):
230部
がん講演会:
100部
「子宮頸がん検診」:
2,500部

宮婦連ブロック別研修会

当協会では「がん予防クイズ 第三弾!! 〜がんを知ってがんを予防しよう〜」というテーマのもと、各ブロック別研修会に出席し、講話を行いました。


栗原ブロック
平成28年7月5日・金成けやき会館
大河原ブロック
平成28年7月5日・白石市中央公民館
大崎ブロック
平成28年7月5日・古川・宮沢公民館
石巻ブロック
平成28年7月7日・女川町地域交流センター
登米ブロック
平成28年7月14日・登米市宝江ふれあいセンター
気仙沼ブロック
平成28年7月17日・気仙沼中央公民館
中央ブロック
平成28年7月21日・多賀城市文化センター

みやぎよろこびの会

がん征圧月間の周知とがんの知識の普及を目的とし、宮城県並びに仙台市と共催で事業を行いました。


第49回みやぎよろこびの会総会
日 程:
平成28年10月20日
会 場:
宮城県栗原市「ハイルザーム栗駒」
参集者:
50人


第34回全国よろこびの会総会
日 程:
平成28年6月16日〜17日
会 場:
福島県会津若松市「御宿東鳳」
参集者:
100人

支部活動

■各支部の総会


津山支部 津山公民館
4月21日(木)
川崎支部 川崎町健康福祉センター
5月30日(月)
中田支部 割烹くまがい
6月7日(火)
仙台支部 泉中央一力鮨
6月8日(水)
丸森支部 天水舎・レストラン水車
6月23日(木)
金成支部 金成やすらぎセンター
6月29日(水)
瀬峰支部 瀬峰公民館
11月15日(火)

■その他支部活動


仙台支部 ピンクリボン街頭キャンペーン
10月1日(土)

▲ TOPへ戻る