メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > 協会について > 募金活動

募金活動

がん征圧のために

 当協会では、がんに関する正しい知識の普及啓発、がんの早期発見・早期治療のための調査研究、がん登録管理等の事業を行っています。このような事業活動は皆様からの尊い寄付によって支えられています。
 なお、寄付金については税制上の優遇措置を受けることができます。

募金活動イメージ


皆様からの寄付はこのように役立っています。

当協会にお寄せいただきました寄付金は、がんに関する正しい知識の普及啓発事業(パンフレット・リーフレットの作成)やがんの早期発見・早期治療のための調査研究事業(若手医師・医療従事者の養成、がん登録事業など)等に活用させていただきます。


寄付金グラフ


「調査研究費」の使い道

  • 若手医師・医療従業者の養成
  • 東北大学研究委託助成金
  • がん登録事業費
  • 「黒川利雄がん研究基金」による研究助成金

「普及啓発費」の使い道

  • 講演会・研修会の開催
  • 機関誌の作成・発送等
  • 各種パンフレット・リーフレットの作成
  • 市町村開催健康イベントへの参加
  • 啓発グッズの作製

寄付の種類

賛助会員寄付

協会の活動をご支援いただき、毎年ご寄付をしてくださる方

・個人会員
一口1,000円以上の寄付者(個人)
・法人会員
一口10,000円以上の寄付者(団体・法人)
・特定維持会員
寄付金の額を定めて「がん征圧運動」に一層の協力支援をいただいている法人

篤志寄付

協会の活動に対する一時的な寄付金

黒川基金

黒川利雄がん研究基金のためと使途を指定した寄付金



ご寄付は、いくらからでもお受けしております

香典返しに代えてのご寄付やチャリティイベントからの寄付なども寄せられています。また、相続、遺贈による財産のご寄付もお受けしております。


◎ 税制上の優遇措置について

当協会の寄付金については、税制上の優遇措置を受けることができます。個人の方からの寄付金は、所得税において優遇措置対象となり、寄付者の方は確定申告の際に従来の「所得控除」と「税額控除」のいずれか有利な方を選択して控除を受けることができます。法人の寄付金に対する優遇措置としては、「特定公益増進法人」に対する寄付に該当しますので、法人税法上の規定による限度額が損金として認められます。


ご寄付のお申込、お問い合わせ

がん征圧に向けた、あたたかいご支援・ご協力をお待ちしております。

法人事業課 TEL:022-263-1637
      E-mail:houjin@miyagi-taigan.or.jp

▲ TOPへ戻る