メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > 協会について > 協会概要

協会概要

当協会は昭和33年に、当時東北大学長であった故黒川利雄先生の”がんでなくなる人をひとりでもなくしたい”という思いから、全国に先駆けて民間における「がん征圧推進母体」として行政、経済界、医師会等の支援により創設されました。以来、「がん予防対策の調査研究、宮城県地域がん登録、医療従事者及び県民一般を対象としたがん予防と生活習慣に関する普及啓発活動、がん患者・家族の相談対応」を行っております。
また、啓発から事後管理まで一貫した検診体系で行われる質の高い『宮城方式』を基本としてがん検診を実施しています。
平成24年4月1日には、公益法人制度改革に伴い新たに「公益財団法人宮城県対がん協会」として発足いたしました。今後はより一層公益目的に沿った事業の充実を図るとともに、県民皆様の健康維持と保健・福祉の向上に寄与するため、様々な事業を展開して参ります。


協会情報

公益財団法人 宮城県対がん協会
設立
1958年(昭和33年)
代表者
会長  久道 茂
住所
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉5-7-30MAP
電話
022−263−1525
FAX
022−262−3775
メール
office@miyagi-taigan.or.jp
webサイト
http://www.miyagi-taigan.or.jp

宮城野分室
住所
983-0832 宮城県仙台市宮城野区安養寺3-1-5MAP
電話
022-292-0112

がん検診センター
住所
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉5-7-30MAP
電話
022−263−1525


職場風土改革促進事業への取組み

公益財団法人宮城県対がん協会では、平成19年6月に21世紀職業財団宮城事務所長より「職場風土改革促進事業実施事業主」の指定を受け、当該事業の推進に取り組んでまいりました。
本年度も引き続き、育児休業制度・介護休業制度等の両立支援制度を労働者が気兼ねなく利用することができるよう職場環境の整備に努めてまいります。


【おもな取り組み】

  • 管理職層への研修の実施
  • 両立支援制度の職員への周知徹底
  • 勤務体制や仕事の進め方の見直し
  • 勤務時間等の雇用管理の見直し
  • 職員の意識啓発

協会の組織図


協会組織図
がん登録室
・がん登録係
がん登録及び解析
法人事業課
・法人事業係
普及広報、役員会、よろこびの会、法人、黒川基金、組織活動、ホームページ
総務課
・総務係
総務全般、人事管理、福利厚生
・医局係
医局業務
経理課
・経理係
経理全般、物品発注・管理、財産保守管理
・医事係
がん検診センター総合受付、管理全般
計画課
・計画係
各種がん検診の企画・立案・調整、総合健診企画・調整
検診課
・検診係
検診車による各種検診の実施及び管理
・車両係
検診車の製作・整備、公用車の整備、車両の運行管理、安全運転の指導・監督
・婦人検診係
検診担当医の送迎
放射線課
・撮影係
学術調査・研修
・機器管理係
検診車・がん検診センターX線装置の整備
・法規法令係
放射線撮影業務に関する法令
・物品管理係
原材料の管理
業務管理課
・業務管理係
胃・乳・大腸・前立腺検診・がん生活習慣病健診一次、精検結果処理及び経過観察者の管理
・検査事務係
子宮がん検診結果処理、細胞診・病理組織診、事務担当
看護課
・保健予防係
健康教育、健康相談
・看護係
各種検診・検査全般
・事後指導係
患者管理、がん登録
(宮城県がん総合支援センター)
情報システム課
・情報係
各種検診情報の資料作成
・システム係
システム開発
検査課
・細胞検査係
各種細胞検査
・病理検査係
各種病理組織検査
・臨床検査係
各種臨床検査

▲ TOPへ戻る