メインメニュー

宮城県対がん協会サイトタイトル

トップ > 協会について > 協会の組織図

沿革

昭和33年(1958年)
宮城県対がん協会が発足 初代会長 黒川 利雄
昭和35年(1960年)
日本初の間接X線狙撃撮影装置搭載車を開発 “日立号”が完成し、胃がん集団検診を開始(名取市)
昭和37年(1962年)
子宮がん集団検診を開始(登米市南方地区)
昭和38年(1963年)
機関紙“ともしび”を創刊
昭和39年(1964年)
日本初子宮がん検診車完成
昭和43年(1968年)
民間初の検診センター完成 治癒者の会“みやぎよろこびの会”が発足
昭和51年(1976年)
内視鏡検査をファイバースコープに変更 がん征圧全国大会開催
昭和52年(1977年)
乳がん集団検診を開始(山元町) 肺がん集団検診をがん検診センターで開始
昭和53年(1978年)
第二代会長 山形 敞一 就任
昭和56年(1981年)
新がん検診センター完成 大腸がん集団検診を開始(登米市津山地区)
昭和58年(1983年)
山形会長 アジア・太平洋癌会議を主催(仙台市) 治癒者の会“全国よろこびの会”が発足
昭和63年(1988年)
初代会長 黒川利雄先生逝去 「がん集団検診発祥の地の碑」を建立 第三代会長 斉藤 達雄 就任
平成元年(1989年)
「黒川利雄がん研究基金」を創設
平成3年(1991年)
「黒川利雄記念室」を事務局内に開設
平成4年(1992年)
子宮がん検診300万人達成
平成7年(1995年)
第四代会長 大柴 三郎 就任
平成11年(1999年)
胃がん検診500万人達成(石巻市桃生地区) 仙台市宮城野区日の出町に分室を開設
平成12年(2000年)
事務局を移転しがん検診センターに併設
平成13年(2001年)
前立腺がん集団検診を開始(色麻町)
平成14年(2002年)
乳がん検診100万人達成
平成15年(2003年)
宮城野区安養寺へ分室移転
平成17年(2005年)
子宮がん検診500万人達成
平成19年(2007年)
第五代会長 久道 茂 就任
平成20年(2008年)
50周年 啓発行進開始
平成22年(2010年)
宮城県がん総合支援センター開設 デジタル胃検診車「きぼう7号(50周年記念車)」完成
平成24年(2012年)
公益財団法人へ移行 FPD(フラット・パネル・ディデクタ)搭載乳がん検診車「すみれ7号」完成
平成25年(2013年)
第52回日本消化器がん検診学会総会を仙台市で開催(学会長 渋谷大助がん検診センター所長)
平成26年(2014年)
胃がん検診800万人達成
胃がん検診車「きぼう12号」完成
平成27年(2015年)
子宮がん検診車「しあわせ号」完成
胃がん検診車「きぼう13号」完成
平成28年(2016年)
胃がん検診車「きぼう15号」完成
平成29年(2017年)
胃がん検診車「きぼう16号」完成

▲ TOPへ戻る